駐台代表、沼田幹夫氏インタビュー 「真剣勝負」で日台関係深化に尽力

【政治】 2019/10/06 11:28 文字サイズ: 字級縮小 字級放大

(台北中央社)日本の対台湾窓口機関、日本台湾交流協会台北事務所の沼田幹夫代表(大使に相当)が2日、中央社のインタビューに応じた。「外交の世界は真剣勝負で、相手を尊敬し、要望を達成するためには本当の友情が必要」と語る沼田氏。5年3カ月にわたった任期中この精神を貫徹し、今月中旬で離任する。日台関係や台湾への思いなどを聞いた。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。
中央社の有料記事データベースをご利用ください。


※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます