IC身分証、来年10月導入 閣議決定 23年までに完全移行へ/台湾

【政治】 2019/08/22 18:37 文字サイズ: 字級縮小 字級放大

(台北 22日 中央社)行政院院会(閣議)は22日、ICチップを搭載した電子身分証明書(New eID)の導入案を決定した。来年10月から切り替え交付を開始し、2023年3月までに全国民の電子身分証への移行を完了させる予定。導入には約48億台湾元(約163億円)が投じられる。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。
中央社の有料記事データベースをご利用ください。


※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます