総統選への中国の干渉に対処 台湾への助力を表明=米国防総省高官

【政治】 2019/06/21 14:37 文字サイズ: 字級縮小 字級放大

(ワシントン 21日 中央社)米国防総省でインド太平洋の安全保障政策を担うランドール・シュライバー国防次官補が19日、米ワシントンで開かれた米国のアジア政策について話し合う会合で基調演説を行い、来年1月の次期総統選に対する中国の干渉を防ぐため、台湾に力添えする方針を明らかにした。外交部は20日、これに対し、今後も引き続き米国と共に民主主義を守っていくとした。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。
中央社の有料記事データベースをご利用ください。


※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます