「文化あふれる台湾」目指す法案、立法院が可決

【政治】 2019/05/11 16:23 文字サイズ: 字級縮小 字級放大

(台北 11日 中央社)文化発展の基本的原則や施政の方向性を定めた「文化基本法」案が10日、立法院(国会)で可決された。鄭麗君文化部長(文化相)は、全ての人の文化的市民権を保障し、多様性のある文化を定着させることを目標に取り組んできたと述べ、台湾の文化の発展で重要な一里塚だと喜んだ。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。
中央社の有料記事データベースをご利用ください。


※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます