台湾・桃園市長選、民進党籍の現職が再選 統一地方選

【政治】 2018/11/25 02:20 文字サイズ: 字級縮小 字級放大

(台北 25日 中央社)行政院(内閣)直轄市の北部・桃園市長選は24日投開票され、現職で民進党の鄭文燦氏(51)が野党・国民党の陳学聖氏(61)らを破り、再選を確実にした。同日午後9時半ごろに市内の陣営本部で勝利宣言した鄭氏は「これまで4年間の市政運営が評価された」と語り、桃園のさらなる発展を誓った。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。
中央社の有料記事データベースをご利用ください。


※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます