「2・28」から71年 蔡総統、「移行期正義」題材の映画製作支援に意欲/台湾

【政治】 2018/02/28 17:25 文字サイズ: 字級縮小 字級放大

(台北 28日 中央社)戦後の台湾で国民党政権が市民を弾圧した「2・28事件」から28日で71年目を迎えた。蔡英文総統は台北市の二二八和平記念公園で開かれた紀念式典に出席し、政権が推進する「移行期の正義」を題材とした映画など各種創作物の製作を後押ししていきたい考えを明らかにした。台湾や世界の人々に台湾の物語を伝え、民主主義や自由、人権を大切にする台湾の姿勢を全世界に示したいとしている。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。
中央社の有料記事データベースをご利用ください。


※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます