李登輝元総統が検査入院 担当医「いつでも退院可能」/台湾

【政治】 2016/09/25 13:07 文字サイズ: 字級縮小 字級放大

(台北 25日 中央社)体調不良で24日夜に台北市内の病院に検査入院した李登輝元総統(93)。担当医は25日、容態は安定し、心筋梗塞の症状もみられないとし、いつでも退院できると語った。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。
中央社の有料記事データベースをご利用ください。


※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます