海洋対話で日本と慰安婦協議? 野党の注文に林首相が慎重姿勢/台湾

【政治】 2016/06/22 16:02 文字サイズ: 字級縮小 字級放大

(台北 22日 中央社)野党、国民党の黄昭順・立法委員(国会議員)は21日、海洋協力などを協議する7月下旬の「台日海洋協力対話」において、台湾の元慰安婦への謝罪を公の場で行うことを日本側に求めるよう林全・行政院長(首相)に要求。これに対して林氏は、「どのような約束もできない」とした上で、協議では「漁業権問題の解決を優先したい」との考えを示した。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。
中央社の有料記事データベースをご利用ください。


※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます