台湾の元慰安婦に「志願者いたかも」 林首相が発言を謝罪

【政治】 2016/06/04 17:47 文字サイズ: 字級縮小 字級放大

(台北 4日 中央社)林全・行政院長(首相)は3日夜、同日の立法院(国会)質疑で行った、台湾の元慰安婦の中に「志願した人もいれば、強制された人もいた可能性がある」とした発言に関して、関係者を傷つけかねないなどとして謝罪を表明した。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。
中央社の有料記事データベースをご利用ください。


※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます