台湾、「沖ノ鳥は岩」の主張取り下げ 与野党から異論続出

【政治】 2016/05/24 15:33 文字サイズ: 字級縮小 字級放大

(台北 24日 中央社)行政院(内閣)の童振源報道官は23日、馬英九前政権が「岩」と主張していた沖ノ鳥(日本名:沖ノ鳥島)について、国連の大陸棚限界委員会の決定を尊重し、決定が下るまでは「法律上の特定の立場をとらない」と発表した。ただ、20日に発足したばかりの蔡英文政権による方針転換に対し、下野した中国国民党(国民党)はもちろん、与党の民主進歩党(民進党)からも異論が相次いでいる。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。
中央社の有料記事データベースをご利用ください。


※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます