<沖ノ鳥礁問題>次期駐日大使の「軍艦派遣反対」発言 国民党から批判噴出/台湾

【政治】 2016/05/07 15:22 文字サイズ: 字級縮小 字級放大

(台北 7日 中央社)今月20日の民主進歩党政権誕生に伴い台北駐日経済文化代表処(大使館に相当)の代表に就任する謝長廷・元行政院長(首相)は4日、漁民保護を目的とした沖ノ鳥礁(日本名:沖ノ鳥島)近海への軍艦派遣は、「戦争も辞さない」との意味合いがあるとして、反対の立場を示した。この発言に対し、中国国民党からは批判が続出している。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。
中央社の有料記事データベースをご利用ください。


※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます