馬総統、中国大陸とガンビアの復交に「強烈な不満」/台湾

【政治】 2016/03/18 13:52 文字サイズ: 字級縮小 字級放大

(ベリーズ 18日 中央社)西アフリカ・ガンビアと中国大陸が外交関係の回復を宣言したのを受けて、馬英九総統は17日、外遊先の中米・ベリーズで、「極めて不当であり、強烈な不満を示さなければならない」と語った。台湾は1995年7月にガンビアと国交を結んだが、2013年11月にガンビア側が一方的に断絶を発表した。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。
中央社の有料記事データベースをご利用ください。


※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます