野党ホープの台南市長、議会で「台湾独立」主張 波紋呼ぶ

【政治】 2015/10/02 11:43 文字サイズ: 字級縮小 字級放大

(台北 2日 中央社)一時は総統選挙への出馬も噂されていた野党・民進党のホープ、頼清徳・台南市長(55)が9月30日、「私は台湾独立を主張する」「台湾が独立主権国家であるという台湾の人々の主張を中国は尊重すべき」などと発言し、波紋を呼んでいる。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。
中央社の有料記事データベースをご利用ください。


※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます