安倍首相の靖国参拝 「非常に遺憾」=台湾外相

【政治】 2013/12/26 13:27 文字サイズ: 字級縮小 字級放大

(台北 26日 中央社)安倍晋三首相が政権発足から1年となる26日午前、靖国神社に参拝したことを受け、林永楽外交部長(外相)は同日、「非常に遺憾だ」、「受け入れられない」などと述べた。また、日本政府に対し、歴史の教訓を汲み取り、近隣諸国の国民を傷つけるような行為をやめ、責任ある態度で周辺各国との友好関係を発展させるよう呼びかけた。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。
中央社の有料記事データベースをご利用ください。


※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます