台湾の郭が金 五輪記録更新 重量挙げ女子59キロ級

【芸能スポーツ】 2021/07/27 16:45 文字サイズ: 字級縮小 字級放大
台湾に今大会初の金メダルをもたらす郭婞淳

台湾に今大会初の金メダルをもたらす郭婞淳

(台北中央社)東京五輪は27日、重量挙げ女子59キロ級が行われ、台湾の郭婞淳(27)がトータル236キロで金メダルに輝いた。台湾にとって今大会初の金メダル。

スナッチ103キロ、ジャーク133キロ。トータルも含めていずれも五輪記録を更新した。ジャーク1本目で125キロに成功し、金メダルが確定。3本目では141キロに挑戦したが失敗した。日本の安藤美希子は銅メダルだった。

台湾原住民(先住民)族アミ族の血を引く郭。中学の時にはバスケや陸上にも接していたが中学3年のとき、重量挙げで全国1位の座に就いた。高校からは重量挙げ一本に絞り、2012年のロンドン大会で五輪初出場。16年のリオ大会では58キロ級で銅メダルを獲得した。今年4月のアジア選手権、女子59キロ級で世界新記録トータル247キロを打ち立て、東京五輪への出場を決めていた。

今大会で台湾が手にしたメダルは金1、銀2、銅2。

(編集:楊千慧)