台湾、単日でコロナ国内症例180人増 台北・新北の警戒レベル引き上げ

【社会】 2021/05/15 11:51 文字サイズ: 字級縮小 字級放大
中央感染症指揮センターの陳時中指揮官

中央感染症指揮センターの陳時中指揮官

(台北中央社)中央感染症指揮センターは15日午前、緊急記者会見を開き、新型コロナウイルスの国内感染者が新たに180人確認されたため、北部の新北市、台北市での警戒レベルを同日から今月28日までの間「第3級」に引き上げると発表した。娯楽施設は閉鎖、団体での宗教活動などは禁止となる。

同センターの指標によれば、「第3級」は4段階ある警戒レベルで上から2番目に高いレベル。1週間以内に3例以上の地域内クラスター(感染者集団)発生、または感染源不明の新規感染者が1日に10人以上確認された場合に適用され、外出時のマスク終始着用や、屋内で5人以上、屋外で10人以上の集まりの中止などが求められる。

(余暁涵/編集:塚越西穂)