台湾広範囲で計画停電、617万戸に影響=高雄の火力発電所でトラブル

【社会】 2021/05/13 17:42 文字サイズ: 字級縮小 字級放大
トラブルが生じた興達発電所

トラブルが生じた興達発電所

(高雄、台北中央社)13日午後、台湾広範囲で停電となった。南部・高雄市の火力発電所、興達発電所でトラブルが生じたためだという。台湾電力によると、617万戸に影響が及ぶとみられる。

同日午後3時過ぎ、携帯電話に警告メッセージが発せられた。同発電所でトラブルが発生したため供給電力が不足しているとした上で、緊急措置としてエリアごとに停電を実施するという内容だった。経済部(経済省)によれば、超高圧変電所の設備が故障した影響だという。

この停電で、エレベーターに閉じ込められる事故が各地で相次いで発生。新型コロナウイルス対策を担う中央感染症指揮センターの記者会見のインターネット配信が中断された。

政府は、台湾電力が復旧を急いでいるとし、慌てないよう呼び掛けた。経済部は、今晩中の復旧完了を目指すとしている。

(梁珮綺、洪学広、王淑芬、賴于榛/編集:楊千慧)