駐米代表、バイデン氏の就任式に出席 招待は台米断交後初 蔡総統が祝意/台湾

【政治】 2021/01/21 13:16 文字サイズ: 字級縮小 字級放大
バイデン氏の大統領就任式に出席する蕭駐米代表=駐米代表処提供

バイデン氏の大統領就任式に出席する蕭駐米代表=駐米代表処提供

(台北、ワシントン中央社)米ワシントンで現地時間20日、ジョー・バイデン氏の第46代大統領就任式が開かれ、台湾から蕭美琴(しょうびきん)駐米代表(大使に相当)が出席した。駐米代表が米大統領就任式に主催団体の大統領就任合同委員会(JCCIC)から正式に招かれるのは1979年の断交以降で初めて。外交部(外務省)は21日、報道資料で、「共有する価値観に基づく台米の緊密な友好関係を示した」とコメントした。

蔡英文(さいえいぶん)総統は21日、ツイッターで、バイデン新大統領とハリス新副大統領に祝意を送った。蔡総統は総統府が同日発表した報道資料で、台米が既存の良好な状態を基礎とし、両国の人々の福祉や友好関係を増進するとともに、パートナー関係を引き続き深化していけることに期待を寄せた。

蕭代表は20日、ツイッターで、就任式が開かれる連邦議会議事堂前で撮影したビデオメッセージを公開。「民主主義は共通の言語であり、自由はわれわれの共通の目標。新政権と協力し、相互の価値と利益を増進していけることを期待している」と英語で述べた。米上院外交委員会は公式ツイッターでこの動画を紹介し、「直面する挑戦と地政学的現実を反映するため、バイデン政権が米台関係において進展を積み重ねていくよう促す」と意欲を示した。

(葉素萍、游凱翔、温貴香、江今葉/編集:名切千絵)