在日台湾人に「在留資格取り消す」 詐欺で15人逮捕

【社会】 2021/01/19 13:04 文字サイズ: 字級縮小 字級放大
在日台湾人に「在留資格取り消す」  詐欺で15人逮捕

(東京中央社)台北駐日経済文化代表処(大使館に相当)は18日、「大使館」や「公安」の職員を名乗り、日本在住台湾人に在留資格を取り消すなどと電話し金銭をだまし取っていた男ら15人が詐欺容疑で逮捕されたと明らかにした。中部・台中や南部・屏東の拠点3カ所が摘発された。

同処によれば、昨年6月から詐欺の電話の相談を受けるようになった。ある国の「大使館」や「入国在留管理庁」、「公安」などをかたり、「在留資格を取り消す」「口座を凍結する」「中国に身柄を移送する」などと脅すもので、複数人がさまざまな役を演じ分け相手を混乱させる手口だった。被害額は1人当たり数十万~数千万円に上っていたという。同処は怪しい電話には注意をするよう呼び掛けている。

(楊明珠/編集:楊千慧)