高雄の小学校一行、日本時代の校長の故郷・奈良へ 墓前で敬意示す/台湾

【社会】 2020/02/14 13:34 文字サイズ: 字級縮小 字級放大

(高雄中央社)3月に創立100周年式典を開く南部・高雄市美濃区の龍肚小学校の教員・児童計15人がこのほど、日本統治時代の第2代校長、六山春英さんの故郷である奈良県を訪れ、墓前で手を合わせて敬意を示した。一行は六山さんの親族から台湾と一家の縁にまつわる説明を聞くなどし、過去に思いを馳せて涙を流す人もいた。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。
中央社の有料記事データベースをご利用ください。


※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます