日本時代製造の皇室用客車、倉庫に眠ったまま 行政院長「もったいない」/台湾

【観光】 2019/06/09 18:47 文字サイズ: 字級縮小 字級放大

(台北 9日 中央社)台湾鉄路管理局(台鉄)の倉庫には、日本統治時代に製造された皇室用客車など貴重な車両が眠っている。台鉄が保守管理を行っているが、老朽化が進んでいるという。蘇貞昌行政院長(首相)は5日の台鉄132周年記念式典で、これらの車両が公開されていないのは「もったいない」と語った。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。
中央社の有料記事データベースをご利用ください。


※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます