蔡英文総統、台湾宇宙産業の世界市場進出に意欲

【経済】 2021/09/14 19:19 文字サイズ: 字級縮小 字級放大
視察先の国家宇宙センターであいさつする蔡総統

視察先の国家宇宙センターであいさつする蔡総統

(新竹中央社)蔡英文(さいえいぶん)総統は14日、北部・新竹市の国家宇宙センター(国家太空中心、NSPO)を視察し、台湾の宇宙産業は世界市場に進出する力を有しているとして、宇宙技術分野の国家チームを立ち上げたい考えを示した。

蔡総統は、台湾の宇宙産業を発展させ、宇宙新時代に参加することは総統就任以来の重要な政権目標の一つだと強調。小型衛星「福衛5号」(フォルモサット5号)から「福衛7号」(同7号)までの打ち上げ成功にも触れ、人工衛星を自主開発できる台湾の実力を示したと自信をみせた。

宇宙産業を重視する方針を打ち出している蔡政権。昨年には宇宙産業を「6大核心戦略産業」の一つとしたほか、2019年に承認した第3期国家宇宙技術発展長期計画にも2028年までの10年間で251億台湾ドル(約997億円)を投じ、宇宙技術の発展を目指す。法整備の面では今年5月、宇宙開発の基本原則を示す「太空発展法」が成立した。蔡総統は「台湾が宇宙で力を発揮できる環境が整った」と語った。

一方、世界各国が積極的に宇宙進出を図っており、今後10年以内に万単位の低軌道衛星の打ち上げが予定されると指摘。衛星本体の製造のほか、地上設備システム整備の需要が生み出されるとし、ビジネスチャンスをつかむため、今こそ進んで宇宙への布石を打つべきだと意気込んだ。

国家チームの立ち上げについては、台湾の半導体や精密機械製造の長年来の強みを生かし、産官学の力を合わせて共に世界の宇宙産業チェーンに加わっていきたいと意欲をみせた。

(張建中/編集:齊藤啓介)