春節明けの台湾株、過去最高値 TSMCなどがけん引

【経済】 2021/02/17 18:24 文字サイズ: 字級縮小 字級放大
春節明けの台湾株、過去最高値 TSMCなどがけん引

春節明けの台湾株、過去最高値 TSMCなどがけん引

(台北中央社)春節(旧正月)連休明けの初取引を迎えた17日の台湾の株式市場は、加権指数が大幅に続伸し、終値は1万6362.29で過去最高値を更新した。前営業日の5日より559.89ポイント高となり、増加幅は過去2番目に大きかった。

連休の休場中に世界の株式相場が上昇したことで、出遅れ修正の動きが見られた。半導体受託生産大手の台湾積体電路製造(TSMC)が4.91%高、聯華電子は8.88%高で相場を押し上げた。

(編集:楊千慧)