台湾、「ビジネスバブル」始動へ 第1弾は米企業 3日滞在で隔離不要

【経済】 2020/11/11 19:01 文字サイズ: 字級縮小 字級放大

(台北中央社)台湾を訪れるビジネス関係者に対し、入境後の外出制限を条件付きで緩和する「ビジネスバブル」の第1弾として、米国の電子機器メーカーの幹部職員が近く少人数で短期間訪台する見通しとなった。到着後の隔離は不要となる。王美花(おうびか)経済部長(経済相)が10日、明らかにした。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。
中央社の有料記事データベースをご利用ください。


※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます