ネット通販「タオバオ」、台湾での運営を年内で終了 現地法人が発表

【経済】 2020/10/15 15:35 文字サイズ: 字級縮小 字級放大

(台北中央社)中国発のインターネット通販サイト「タオバオ台湾」の運営会社は15日、サービスを12月31日をもって終了すると発表した。15日午前11時から、購入や新規販売などの機能を順次停止するとしている。同サイトを巡っては、経済部(経済省)投資審議委員会が8月、中国資本と認定し、台湾地区・大陸地区人民関係条例(両岸条例)違反で41万台湾元(約150万円)の過料と6カ月以内の投資引き上げまたは改善を運営会社に命じていた。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。
中央社の有料記事データベースをご利用ください。


※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます