台湾の研究機関、DNAワクチンの治験は早ければ年末に開始へ 新型コロナ

【経済】 2020/09/08 15:01 文字サイズ: 字級縮小 字級放大

(台北中央社)台湾の研究機関、国家衛生研究院の梁賡義(りょうしょくぎ)院長は7日、新型コロナウイルスのワクチンについて、DNAワクチンを今後の開発の主軸にすると明らかにした。早ければ年末にも初期臨床試験(治験)を開始できる見込みだとしている。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。
中央社の有料記事データベースをご利用ください。


※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます