台湾株式市場、30年ぶり最高値 TSMC上昇、米インテルから受注期待で

【経済】 2020/07/27 13:19 文字サイズ: 字級縮小 字級放大

(台北、新竹中央社)27日の台湾株式市場は加権指数が一時、1万2686まで上がり、1990年2月の過去最高値1万2682を上回った。午後0時半まで、1万2600前後で推移している。半導体受託生産大手の台湾積体電路製造(TSMC)が一時424.5台湾元(約1525円)まで上げ、上場来最高を記録。相場を押し上げている。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。
中央社の有料記事データベースをご利用ください。


※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます