台湾産豚肉、念願の輸出再開へ 週200頭をマカオに出荷 来週から

【経済】 2020/07/11 13:33 文字サイズ: 字級縮小 字級放大

(台北中央社)台湾が「国際獣疫事務局」(OIE)からワクチン非接種清浄地域に認定されたのを受け、晴れて輸出解禁となった台湾産豚肉が来週以降、定期的にマカオに出荷される見通しだ。行政院農業委員会(農林水産省)の黄金城副主任委員が10日、明らかにした。黄氏によれば、台湾の豚肉が輸出されるのは足かけ24年ぶり。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。
中央社の有料記事データベースをご利用ください。


※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます