チャイナエアライン、全従業員の給与カットへ 労組と合意/台湾

【経済】 2020/04/21 18:49 文字サイズ: 字級縮小 字級放大

(台北中央社)台湾の航空会社、チャイナエアライン(中華航空)は20日、新型コロナウイルスの感染拡大による業績悪化を受け、従業員全員の減給や勤務日数の削減で労働組合側と合意した。給与の削減率は、管理職が役職に応じて20~25%、一般従業員は15%。勤務日数は1人につき月平均で4~5日減少する。労組によれば、期間は5月1日から3カ月間。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。
中央社の有料記事データベースをご利用ください。


※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます