台湾研究機関、世界最小のPCR検査機器を開発 7月にも量産へ

【経済】 2020/04/14 15:47 文字サイズ: 字級縮小 字級放大

(台北中央社)経済部(経済省)は13日、新型コロナウイルスを検出するPCR検査機器の原型品を政府系研究開発機関、工業技術研究院が開発したと発表した。重さはわずか600グラムで、同部は「世界最小だろう」としている。同製品を使えば、無症状の潜伏期の患者が感染しているかどうかが1時間以内に90%の精度で判定できる。7月の量産開始を目指す。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。
中央社の有料記事データベースをご利用ください。


※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます