在宅検疫対象者の管理にスマート技術活用 対策本部、HTCやLINEと連携/台湾

【経済】 2020/03/19 16:05 文字サイズ: 字級縮小 字級放大

(台北中央社)中央感染症指揮センターはスマートフォン大手の宏達国際電子(HTC)や無料通信アプリ「LINE」と連携し、入境者や在宅隔離対象者の情報管理にスマート技術を活用する。入境資料の確認と関連手続きを電子化し、在宅隔離対象者の行動把握システムと結びつけることで、防疫措置の徹底を図る。同センターが18日発表した。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。
中央社の有料記事データベースをご利用ください。


※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます