屏東バナナ、500トンが日本へ 生産地が対日輸出拡大に意欲/台湾

【経済】 2019/05/11 14:30 文字サイズ: 字級縮小 字級放大

(屏東 11日 中央社)南部・屏東県産のバナナが今年、日本に約500トン輸出される見通しとなった。荒井商事(神奈川県)が10日、地元の農産物販売を手掛ける業者らと売買契約を締結した。潘孟安県長は、県産バナナの日本向け輸出を2022年までに年間3000トンに増やしたいと意欲を示した。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。
中央社の有料記事データベースをご利用ください。


※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます