ドン・キホーテが台湾出店を検討 競合に24時間営業の現地小売

【経済】 2019/02/25 18:29 文字サイズ: 字級縮小 字級放大

(台北 25日 中央社)ディスカウント店「ドン・キホーテ」を手掛けるパン・パシフィック・インターナショナルホールディングスが台湾への出店を計画していることがこのほど分かった。だが、台湾では生活雑貨全般を取りそろえる24時間営業の小売店がすでに多数展開している。ドンキが成功を収められるかについて専門家は、台湾の消費者を引き付けられるか、また価格優位性を台湾でも維持できるかがポイントになるとの考えを示している。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。
中央社の有料記事データベースをご利用ください。


※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます