台湾バナナ農家を育成へ 安定供給で日本への輸出拡大目指す

【経済】 2018/02/28 11:52 文字サイズ: 字級縮小 字級放大

(屏東 28日 中央社)行政院(内閣)農業委員会は、バナナの供給量の安定化を図り、日本への輸出強化につなげようとバナナ農家の育成プロジェクトに乗り出す。政府系企業の台湾国際農業開発(台農発、台北市)や財団法人の台湾バナナ研究所(屏東県)と協力し、審査で選ばれた希望者に屏東県の土地を提供し、同研究所が栽培技術を伝授する。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。
中央社の有料記事データベースをご利用ください。


※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます