交通部、新たな地震警報システムの開発進める 安全性向上へ/台湾

【経済】 2016/11/02 15:33 文字サイズ: 字級縮小 字級放大

(台北 2日 中央社)交通部(交通省)高速鉄路工程局と中央気象局が地震発生時に高速鉄道の列車を安全に停車させる警報システムの開発を進めている。実用化されれば脱線のリスクが低減され、安全性が向上するとみられている。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。
中央社の有料記事データベースをご利用ください。


※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます