最低賃金5%引き上げへ 労使双方から不満の声/台湾

【経済】 2016/09/09 15:05 文字サイズ: 字級縮小 字級放大

(台北 9日 中央社)労働部(労働省)は8日、来年1月1日から最低賃金を月額2万1009台湾元(約6万8300円)に引き上げることが決まったと発表した。現行の2万8元からは5%の上昇となる。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。
中央社の有料記事データベースをご利用ください。


※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます