台湾鉄道 レール温度監視システム、設置わずか6地点

【経済】 2016/06/23 18:10 文字サイズ: 字級縮小 字級放大

(台北 23日 中央社)花蓮県内を走る台湾鉄路管理局(台鉄)台東線で22日起きた脱線事故。一部では高温によるレールのゆがみが原因とする見方が広がる中、同局の路線には温度を計測・監視するシステムが十分に設置されていなかったことが分かった。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。
中央社の有料記事データベースをご利用ください。


※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます