トランス脂肪酸にバイバイ 台湾企業、「100%牛乳」のポーション発売

【経済】 2016/01/12 11:38 文字サイズ: 字級縮小 字級放大

(台北 12日 中央社)牛乳や生クリームの代わりとして使われている「コーヒーフレッシュ」。植物油を原料として作られており、その中に含まれるトランス脂肪酸が心血管疾患のリスクを高めるとして台湾では敬遠の動きが広まっている。この流れを受け、製造企業各社は新製品の発売や開発に乗り出している。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。
中央社の有料記事データベースをご利用ください。


※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます