台湾、カルテルで日本企業など10社に史上最高額の課徴金

【経済】 2015/12/10 12:47 文字サイズ: 字級縮小 字級放大

(台北 10日 中央社)携帯電話やゲーム機、パソコンなどに使われるコンデンサーの販売で価格カルテルを結んでいたとして、公平交易委員会(公正取引委員会に相当)は9日、公平交易法違反で、日本ケミコンなど10社に合わせて57億9660万台湾元(約214億6500万円)の課徴金を科すと発表した。この金額は海外企業に対する課徴金としては史上最高金額だという。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。
中央社の有料記事データベースをご利用ください。


※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます