<台湾の食用油問題>求刑30年の元企業トップに無罪判決 批判の声相次ぐ

【経済】 2015/11/28 19:21 文字サイズ: 字級縮小 字級放大

(彰化 28日 中央社)頂新国際グループ傘下の食品会社・頂新製油が、飼料用油などを混入させた食用油を製造、販売していた問題について、彰化地方法院(地裁)は27日、専門家の鑑定などを根拠に、安全性に問題があったとする検察側の主張を退け、懲役30年が求刑された同社の董事長(会長)を務めていた魏応充ら被告6人に無罪の一審判決を言い渡した。これを受け、各界から批判の声が上がっている。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。
中央社の有料記事データベースをご利用ください。


※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます