日本、7/9から在留カード開始 出身の記載「台湾」に

【経済】 2012/06/26 13:51 文字サイズ: 字級縮小 字級放大

(東京 26日 中央社)日本の新たな入管難民法が7月9日から施行され、日本に中長期滞在する外国人が持つ外国人登録証明書に替わり、ICチップ内蔵の「在留カード」が発行される。在留カードでは、これまで「中国」とされてきた台湾籍者の出身が、「台湾」との記載に変更される。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。
中央社の有料記事データベースをご利用ください。


※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます