行政院、中国に「厳正なけん責」 台湾産果物2種の輸入停止で

【両岸】 2021/09/19 19:09 文字サイズ: 字級縮小 字級放大
行政院、中国に「厳正なけん責」  台湾産果物2種の輸入停止で

(台北中央社)中国の税関当局が20日から台湾産のバンレイシ(釈迦頭)とレンブの輸入を停止すると発表したのに対し、行政院(内閣)は19日、「厳正なけん責」を表明した。中国が両岸(台湾と中国)の正常な貿易の仕組みを破壊した上、国際的な規範に反する一方的なやり方だとの考えを示した。対中政策を担当する大陸委員会も書面で「受け入れられない」とし、不満を表明した。

中国側は害虫が何度も検出されたことを理由としている。だが、行政院(内閣)農業委員会によれば、台湾は輸出向けの検疫検査を強化しており、6月末以降、中国側から検疫不合格の通知は受けていなかった。中国は今年3月から台湾産パイナップルの輸入も停止している。

(陳俊華、賴言曦/編集:楊千慧)