中国は「口出す権利なし」=大陸委、リトアニアへの代表機関設置巡り/台湾

【両岸】 2021/07/21 16:56 文字サイズ: 字級縮小 字級放大
中国は「口出す権利なし」=大陸委、リトアニアへの代表機関設置巡り

中国は「口出す権利なし」=大陸委、リトアニアへの代表機関設置巡り

(台北中央社)中華民国(台湾)と外交関係のないバルト三国のリトアニアに台湾の代表機関を設置することに中国が反発しているのに対し、台湾で対中政策を担当する大陸委員会は20日夜、書面で「中国共産党当局に口を出す権利はない」と訴えた。

同委は、台湾が他国と協力関係を築くことは主権国家や国際社会のメンバーとしての基本的権利であり、台湾に暮らす2300万人が共通して抱く期待でもあると強調。中華民国は主権国家であり、台湾が中華人民共和国の一部だった過去はなく、今後そうなることも決してないとの姿勢を改めて示した。

台湾の外交部(外務省)が20日午前、リトアニアの首都ビリニュスに「台湾代表処」を設置することを発表すると、中国の外交部や台湾政策を担う国務院台湾事務弁公室は、中国と国交を結ぶ国が台湾といかなる公的な往来を行うことにも断固反対するとの立場を示し、リトアニアには「一つの中国」原則を守るよう求めた。

(賴言曦/編集:楊千慧)