北京当局、米国から武器購入の民進党を非難 台湾「因果関係が逆」と反論

【両岸】 2020/10/24 18:40 文字サイズ: 字級縮小 字級放大

(台北中央社)中国で対台湾政策を担当する国務院台湾事務弁公室(国台弁)が、米政府から武器を購入する民進党の姿勢を強烈に非難したのを受け、台湾側のカウンターパート、大陸委員会は23日、「因果関係が逆」で、いじめられている方を責める資格はないと、書面を通じて反論した。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。
中央社の有料記事データベースをご利用ください。


※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます