中国軍艦、台湾の接続水域に接近 国防部「把握、対応している」

【両岸】 2020/10/03 15:15 文字サイズ: 字級縮小 字級放大

(台東中央社)中国人民解放軍の軍艦が2日未明、台湾東部海域を航行し、台湾の接続水域から6カイリ(約11キロ)の地点まで接近していたことが分かった。軍関係者が3日、明らかにした。国防部(国防省)の史順文報道官は中央社の取材に対し、台湾海峡周辺の海空域の状況は十分に把握、対応しており、現時点で異常は見られないとコメントした。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。
中央社の有料記事データベースをご利用ください。


※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます