中国軍機が台湾の防空識別圏に侵入 2週間で6度目

【両岸】 2020/06/19 17:39 文字サイズ: 字級縮小 字級放大

(台北中央社)空軍司令部は19日、中国軍の戦闘機「殲10」が同日正午に台湾の南西の空域に入ったと発表した。警告を実施したほか、戦闘機が対応するなどし、中国軍機は台湾の防空識別圏(ADIZ)を離れたという。国防部(国防省)が公表している情報によれば、中国軍機が台湾のADIZに侵入するのは2週間で6度目。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。
中央社の有料記事データベースをご利用ください。


※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます