台湾のミサイル開発「防御のため必要」=専門家

【両岸】 2020/04/26 18:45 文字サイズ: 字級縮小 字級放大

(台北中央社)政府系の研究機関によって開発を進めているとされる中距離ミサイル「雲峰」の発射実験が今月行われたと、一部メディアで26日伝えられた。国防部(国防省)シンクタンク、国防安全研究院の蘇紫雲氏(資源と産業研究所所長)が中央社の取材に応じ、防御上の観点から雲峰の開発は必要だとの見方を示した。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。
中央社の有料記事データベースをご利用ください。


※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます