台湾人帰国用チャーター、中国の航空会社が運航へ 今夜、第1便

【両岸】 2020/02/03 17:29 文字サイズ: 字級縮小 字級放大

(北京中央社)新型コロナウイルスの感染が拡大している武漢から台湾人を帰国させるチャーター機は、中国の航空会社、中国東方航空傘下の「上海航空」が運航する見通しであることが3日分かった。第1便は3日午後6時50分ごろ、桃園国際空港に向けて飛び立つ。約200人が帰国するとみられる。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。
中央社の有料記事データベースをご利用ください。


※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます