蔡総統、香港情勢への「関心、不介入」を強調 当局に誠意ある対応呼び掛け

【両岸】 2019/08/19 17:34 文字サイズ: 字級縮小 字級放大

(台北 19日 中央社)香港で2カ月以上続いている「逃亡犯条例」改正案への大規模抗議活動について、蔡英文総統は19日、「関心は寄せるが、介入はしない」との考えを強調した。北京、香港の両当局に対しては、知恵と誠意を持って衝突を解決するよう呼び掛け、「情勢悪化の責任を存在しない外来勢力の介入になすりつけるのはやめよ」と訴えた。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。
中央社の有料記事データベースをご利用ください。


※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます