中国の台湾侵攻を想定 定例演習、27日から F16改修機など投入へ

【両岸】 2019/05/22 14:44 文字サイズ: 字級縮小 字級放大

(台北 22日 中央社)中国軍による台湾侵攻を想定した定例訓練「漢光演習」が27日から31日までの日程で行われる。今年の訓練では、新型のF16V戦闘機や、米国から購入したオリバー・ハザード・ペリー級ミサイルフリゲート2隻などが投入される。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。
中央社の有料記事データベースをご利用ください。


※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます